トップページ | ゴルフ教室やレッスンってどうなんだろう… »

2016年12月 6日 (火)

何色のカーテンがいいかな。

おしゃれな個室にするにはカーテン単独の色と柄だけでなく、家具との一致も重要です。

部屋のカーテンを選ぶ際、色は大事な選ぶポイントになります。

寒色系の色調や薄目や暗めの色調がこの後退色になります。

女性の個室で有れば、暖色系や明るめの色調を使うケースが多いかもしれませんが、少し狭く見えてしまうかもしれませんので、薄めのグリーン系か薄めの黄色、ベージュ等を選ぶ様にすると後退色として広く見える様になると思います。

しかしトーンを間違ってしまうとスタイリッシュとは程遠い部屋になってしまう見込みが有ります。

膨張色は進出色と同じ様な感じで、大きく見えてしまう、圧迫感を感じやすい色彩の事を指しています。

その上暖色系が好きだと言う場合は、色味を薄くする事によって圧迫感を減らす事が可能なと思います。常勝モテ男 恋愛レシピ100

明るい色が良いかな、暗い色が良いかなと迷うと思うのです。

もしも広い部屋にやりたいなと思っている場合は、色味が薄い寒色系のカーテンを選ぶ様にすると良いと思います。

実のところカーテンだけ見ていても個室の空気が如何になるのか想像し難いですよね。

反対に収縮色は後退色と同じ様な感じで、小さく見えてしまう、広さを感じやすい色彩の事を指しています。

こうした事と同じ様な事がカーテンを付けた時の部屋でも言えるのです。

心象としては青や緑と言った寒色系の色が収縮色となります。

なお同じ暖色系でも色調が濃くなってくると余分に膨張して見えやすくなると言う特徴が有ります。

イメージとしては赤やオレンジと言った暖色系の色が膨張色となります。

その色合いで小粋度がグッと変わってくると思うのです。

進出色のカーテンを選ぶと圧迫感を感じる様になり、個室全てが狭く感じる様になります。

それに対し後退色のカーテンを選ぶと圧迫感を感じる事が少なく、個室が広く感じる様になります。

白と黒は普通な色ですが、白い服を着ている人と黒い服を着ている人だと白い服を着ている人の方が太って見え、黒い服を着ている人の方が引き締まって見えると言う傾向が有ります。

ここではカーテンの選び方のポイントとして、膨張色と収縮色について挙げてみたいと考えます。

小粋な部屋にする為にカーテンは重要な部屋のアクセントになると考えます。

自分がどんな個室にやりたいのか、どのような風に部屋を見せたいのかよく腹積もりた上で色調を考えていくと良いでしょう。

カーテンをピックアップする着目点として、進出色と後退色と言うのがある事を覚えておくと便利かもしれません。

そのカーテンを選ぶとき、何色のカーテンを買おうかと歯痒さますよね。

暖色系の色彩や明るめの色彩がこの進出色にあたります。

対して「後退色」は文字通り色が後退している、つまり後ろに引っ込む様に見える色の事を指しています。

また同じ寒色系でも色味が薄くなってくると余分に収縮して見えやすくなると言うもち味が有ります。

先ずは「進出色」ですが、文字通り色が進出している様に、前に飛び出している様に見える色の事を指しています。

カーテンの色って重要なんですね。

トップページ | ゴルフ教室やレッスンってどうなんだろう… »

無料ブログはココログ